ダイエット

よく噛むダイエットは効果あり?簡単に続くコツはある?

サイト管理人です。

今回は”よく噛むことはダイエットに効果的”と言われている、そのメカニズムについてご紹介したいと思います。

 

 

手軽にしかも!いつでもどこでもできるダイエット法が『よく噛むこと』。ですが、なかなか長続きしないのがダイエットでもありますよね?

そこで!よく噛むことがなぜダイエットに効果的なのか?そして簡単に続けるには、どう活用したらいいのかを調べてみましたので、よかったら今後の参考にしていただければと思います♡

 

よく噛むとダイエットに効果あり?

『よく噛むこと』は、体にも良いことだということはご存知ですよね?では、『よく噛むこと』の何がダイエット効果に繋がるのでしょう?

 

満腹中枢が刺激され、少量の食事でも満腹感が出る

「よく噛む」と、唾液が分泌されて、満腹中枢が刺激され、少量の食事でも満腹感が得られるようになります。よく噛まず、はや食いをしてしまうと、満腹中枢が刺激される暇もなく、食べ過ぎる可能性が高くなってしまうのです。厚生労働省でも、「カミングサンマル」として、“一口30回以上噛む”ことを提唱しています。

引用 Dietplus

 

大事なのは1口30回噛むこと!なかなかの回数ですが、これを毎日続けていけるコツはあるのでしょうか?

 

 

 

よく噛むダイエットが続くコツ

よく噛むことが習慣になれば、自然とダイエット効果も高まるはず!では、どのようにしたらよく噛むことを習慣にできるのでしょうか?

 

「シャキシャキ」「コリコリ」と音のする食材を取り入れる

「オノマトペ」とは、擬音語のこと。つまり、噛むと「シャキシャキ」「コリコリ」と、音のする食材を食べることが第一のポイントです。

よく噛むコツには、すぐ飲み込んでしまえる食材ではなく、噛みごたえのある食材を選ぶことが効果的なのです。

引用 Dietplus

 

日本伝統的食べ方「三角食べ」

「三角食べ」とは、お料理を均等に、少しずつ食べていくことです。ごはん、おかず、汁物を並べられている通り順番に食べると、お箸が三角形に動くことから、「三角食べ」と呼ばれます。

お口の中でごはんとお料理を混ぜ合わせることで、味付けの濃さを調節できます。そして時間をかけてしっかり噛むことにもつながります。

おかずの中に歯ごたえのあるものを加えておけば更に噛む回数を増やせますね。

引用 Dietplus

 
シャキシャキやコリコリの「オノマトペ」。ごはん、おかず、汁物を順番に食べる「三角食べ」。これなら早速取り入れられますし、毎日続けることも出来そうですね♡

 

まとめ

 

今回は、よく噛むダイエットが簡単に続くコツなどをご紹介しましたが参考になりましたか?よく噛むことはダイエットにおいて、単に体重を減らすだけでなくボディラインにも良い影響を与えてくれるそうです!音のする食材を積極的に取りいれて、三角食べを心がけながらよく噛むダイエットでキレイになってみませんか?