健康,  美容

【ファイトケミカル(フィトケミカル)】第7の栄養素に注目!摂取方法を調査!

サイト管理人です。

今回は”第7の栄養素”と言われている、ファイトケミカル(フィトケミカル)をご紹介したいと思います!

 

 

今、強い抗酸化作用を持っている『ファイトケミカル』が注目を集めています!人間が健康的に、そして長生きするためには『ファイトケミカル』が持つ、抗酸化作用が必要だからなんです。

そこで今回は、話題の栄養素『ファイトケミカル』についていろいろと調べてみましたので、今後の参考にしていただければと思います♡

 

 

ファイトケミカルって?

まずは『ファイトケミカル(フィトケミカル)』についてふれていきますね!

ファイトケミカルの「ファイト(phyto)」は植物、「ケミカル(chemical)」はの化学成分ということ。
植物由来の化学成分の総称で、野菜や果物、豆類、海藻、お茶、ハーブが持つ「色素」、「アク」などに含まれていて、香りの成分でもあります。

引用 健康長寿の源?第7栄養素「ファイトケミカル」の魅力とは

 

フィトケミカルとは、「植物性化学物質(phyto chemical)」をいい、カテキンやリコピンなど古くから知られている植物成分の総称です。
現代では、このフィトケミカルが人間の生命維持に欠かせない栄養素として知られるようになりました。

引用 フィトケミカルはすごい!効果と種類とは?どうすれば取得できるの?

 

注目されているファイトケミカルまたは、フィトケミカルといわれる植物成分には、どんな特徴があるのでしょう?

 

ファイトケミカルの特徴

ファイトケミカルは植物にしか作ることができません。紫外線を浴びることで発生する活性酸素や害獣から身を守るために、植物が自ら生み出しています。人間を含む全ての動物は、植物を食べることでしかファイトケミカルを摂ることができないのです。

また、ファイトケミカルは「第7の栄養素」としても有名です。
6大栄養素は、「炭水化物(糖質)」「脂質」「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」を指しますが、ファイトケミカルはそれ以外の栄養素として登場しました。

引用 健康長寿の源?第7栄養素「ファイトケミカル」の魅力とは

 

ファイトケミカルとは、”植物が自ら生み出している栄養素”だったんですね!そんな野菜や果物に含まれている植物由来の化学成分は、なんと!1万種類以上あるそうで、その効果にさまざまな期待が寄せられているんですよ♡

 

 

 

 

ファイトケミカルの効果とは?

ファイトケミカルが注目される理由は、さまざまな素晴らしい効果にあります!

 

効果 作用・働き
抗酸化作用 細胞の損傷を予防する作用
抗炎症作用 異物の侵入、刺激によって引き起こされる損傷を防御する作用
鎮静作用 神経系に起きる過度な活動を抑制する
利尿作用 腎機能を高め利尿を促す作用
発汗作用 汗を出すことで排泄する力を高める
駆風作用 胃腸内部のガス、膨張感、痛みをおさえ腸内運動を活発にする
健胃作用 胃の機能を強める

引用 フィトケミカルはすごい!効果と種類とは?どうすれば取得できるの?

 

さらにはファイトケミカルの強い抗酸化作用によって、アンチエイジングや美肌など女性にとって嬉しい効果も期待されるので、積極的に摂っていきたい栄養素なんです♡

 

ファイトケミカルの摂取方法

早速!ファイトケミカルを効率よく摂取する方法をご紹介♡それはスープです!

ファイトケミカルのほとんどは細胞や細胞膜に隠されているため、加熱して壊さないと人間の体内に吸収されないといわれています。ファイトケミカルがスープに溶け出すことで、無駄なく、効率よく栄養を摂取できるというわけです。

また、ファイトケミカルは野菜や果物の「皮」「種」にも多く含まれています。
より安全にいただくためにも、オーガニックで栽培されたものを選びましょう。自然の甘みやコクがスープに溶け出すので、素材本来のやさしい味わいをより感じられますよ。

材料:

  • 旬を迎えているオーガニック野菜
  • 塩/胡椒

旬を迎えている野菜を使うのがオススメ。栄養価が高く、味も濃いのでスープにぴったりです。
作り方は単純で、野菜を好きな形にカットし、水と一緒に煮込めば完成です。シンプルに塩と胡椒だけでもいいですし、ポトフ風やミネストローネ風にしても良いでしょう。

また、皮、種、ヘタも一緒に煮込むと栄養を無駄なく摂取できます。
泥やホコリの汚れが気になるのであれば、別のお鍋で一度煮出して「ベジブロス」を作るのがオススメ。ベジブロスをスープのベースにすれば、野菜の旨味と栄養を凝縮したファイトケミカルスープの完成です!

引用 健康長寿の源?第7栄養素「ファイトケミカル」の魅力とは

 

 

まとめ

 

今回は、第7の栄養素『ファイトケミカル』をご紹介しましたが参考になりましたか?『ファイトケミカル』は私たちが日常的に食べている野菜の、皮や種にも多く含まれているので、レシピを工夫しながら余すところなく摂っていきたいですね♡