ダイエット

豆腐ダイエットに効果的なのは木綿or絹ごし?簡単レシピも!

サイト管理人です。

今回はダイエットの強い味方!”豆腐”の効果や、ダイエットに役立つレシピなどをご紹介したいと思います。

 

 

ダイエット食材として定番のお豆腐!季節を問わずにいつでも手に入るうえに、リーズナブルなのも嬉しいですよね?そこで今回は、ダイエットに向いているのは木綿豆腐か?それとも絹ごし豆腐か?

また、簡単にできるお豆腐の料理レシピも合わせてご紹介するので、今後の参考にしていただければと思います♡

 

 

豆腐ダイエットに効果的なのは木綿?絹?

どちらのお豆腐も美味しくてヘルシーですが、せっかく食べるのであればダイエットに効果的な方がいいですよね?

 

そこでまずは、お豆腐に含まれている栄養素を調べてみました!

 

豆腐の栄養素・イソフラボン

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。

また、抗酸化作用というアンチエイジングなどには欠かせない作用も持っています。

更年期前や更年期中の女性が特に不足する女性ホルモン。

この時期の体の変化にイソフラボンの作用は良い働きが期待できます。

もちろん、ダイエット中もイソフラボンは細胞にダメージを与える活性酵素の働きを押さえてくれるので、食事を制限しながらもお肌などの細胞の生まれ変わりを助ける効果が期待できます。

引用 管理栄養士が教える 豆腐ダイエットの効果と簡単レシピ

 

 

豆腐の栄養素・レシチン

脂肪の一種であるレシチン。

ダイエット中ついつい遠慮したくなる脂肪ですが、おもむろに避けるのは要注意です。

脂肪は体の機能を正常に保つためのホルモンの生成を手助けしてくれ、肌の乾燥の予防もしてくれます。

レシチンは、特に体に良い作用をもたらしてくれる脂質のひとつ。血液の流れを良くする効果が期待されている栄養素です。

また、体のなかでは、細胞膜を構成している成分の一つでもあり、人の体のなかでは必要不可欠な栄養素でもあります。細胞は、肌の表面一つひとつも構成しているのです。

引用 管理栄養士が教える 豆腐ダイエットの効果と簡単レシピ

 

豆腐の栄養素・オリゴ糖

オリゴ糖は腸の中で便通などに特に良い効果を持つビフィズス菌の増殖を手助けして、腸環境の改善を期待できます。

腸環境はダイエットにはとても大切です。
腸では日々、ストレスに対抗するための成分が生成されています。

腸環境の悪化はこれらの生成を阻害しかねないので常に良い状態を保つ事が大切。オリゴ糖だけではなく、水分と一緒に食物繊維は便通の善し悪しに関わる重要な成分です。

ダイエット中は積極的にとりましょう!

引用 管理栄養士が教える 豆腐ダイエットの効果と簡単レシピ

 

お豆腐には女性が必要とする栄養素がたくさん含まれています!では、木綿豆腐と絹ごし豆腐には、どのような違いがあるのでしょうか?

 

木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いとは?

食材の硬さが違うのはもちろんですが、栄養素を比較するとどう違うのでしょう?

  木綿豆腐 絹豆腐
エネルギー(kcal) 72 56
たんぱく質(g) 6.6 4.9
脂質(g) 4.2 3.0
炭水化物(g) 1.6 2.0
食物繊維(g) 0.4 0.3
糖質(g) 1.2 1.7

栄養素比較(100gあたり)
引用 管理栄養士が教える 豆腐ダイエットの効果と簡単レシピ

 

じつは、木綿豆腐は水分を絞っているため栄養が凝縮されていて、絹ごし豆腐よりタンパク質、カルシウム、ミネラルが多くなっています!さらに、糖質が絹ごし豆腐より少ないことを考えると、ダイエットには”木綿豆腐が有利”ということに。

 

 

豆腐で簡単!ダイエットレシピ

木綿豆腐と絹ごし豆腐はそれぞれ食感が違うので、それぞれにアレンジを楽しむのもいいですね♡ここでは、木綿豆腐をつかった簡単レシピをご紹介します。

 

豆腐ステーキ

<材料>(2人分)

・木綿豆腐 1丁(300g)
・粉チーズ(パルメザンチーズ) 大さじ3
・塩、こしょう 少々
・ニンニクチューブ 5g
・醤油 大さじ3
・大葉 2枚

 

<作り方>

    1. 木綿豆腐を水切りする。水気を切った木綿豆腐をキッチンペーパーで包み、皿にのせる。そこに豆腐が崩れない程度に重めの皿をのせ電子レンジ(500W)で3分加熱。取り出して、水を切る。
    2. 水を切った豆腐を食べやすい大きさにきる(7~8mm幅がおすすめ)。
    3. バットや浅いさらにパルメザンチーズを入れ、2の豆腐の両面に衣のようにつける。
    4. あたためたフライパンに油を適量ひき、3を焼く。両面の焼き目をつけているときに塩とこしょうを少々ふる。
    5. 焼き目がついたら皿に取り出し、フライパンに醤油とニンニクを入れ弱火であえてあたためる。
    6. 5がふつふつとあたたまったところで火を止め、5にかける。
    7. 千切りにした大葉を盛りつけて出来上がり。

引用 管理栄養士が教える 豆腐ダイエットの効果と簡単レシピ

 

ゴーヤチャンプル

<材料>(2人分)

・ゴーヤ 1/2本
・木綿豆腐 1/2丁
・卵 1個
・薄切り豚肉 50g
・顆粒和風だし(ほんだし) 少々
・塩、こしょう 少々
・醤油 小さじ1

 

<作り方>

  1. ゴーヤはタテ半分に切り、種をスプーンですくい取り、薄切りにし、塩少々(分量外)をまぶし、5分ほどおく。水洗いして水気をきる。
  2. 豆腐は2cm角にちぎり、ザルに上げて水気をきる。卵は溶きほぐす。豚肉は3cm幅に切り、塩・こしょうをまぶす。
  3. フライパンに油大さじ1/2を熱し、2の豆腐を並べ両面を焼いて一度取り出す。
  4. フライパンに油大さじ1を熱し、2の豚肉、1のゴーヤの順に炒め、顆粒和風だしをふり、フタをして弱火で2分ほど蒸し焼きにする。
  5. フタを取って3の豆腐を戻し入れ、2の溶き卵、しょうゆ小さじ1を回しかけ、ひと炒めする。さらに盛りつけて出来上がり。

引用 管理栄養士が教える 豆腐ダイエットの効果と簡単レシピ

 

どちらも簡単で美味しいお豆腐料理です!お豆腐以外の材料を使うことで、栄養バランスもアップしますし、食べ飽きないのでおすすめです♡